潜在意識に届くイメージ作り その1

今回は「潜在意識に届くイメージ作り」についてお話していきたいと思います。

ブログ、Youtube、書籍などで長年多くの方が語っているこのテーマ、

・・・だけど「なかなかそんなふうにイメージできない」って方が意外と多いんです。

私自身もですし、河本さんのお弟子さん達にも意外とそんな方が多く、

河本さんが今回のセミナーで熱く丁寧に語って下さったので、まとめたいと思います。

では、早速いってみましょう♪

 

2歳児の脳に近づける

2歳児の脳波を測ると、7.5Hzぐらいだそうです。

これは、普通は無理だと思うこともドンドンやってしまう(願望が実現しやすい)

数値だそうで、

7か国語を操る3・4歳の天才児がいるそうですが、その子もこの数値だそうです。

では、この数値に少しでも近づくにはどうしたらいいかというと、

力を抜いて無心になることです。

具体的には、河本さんが近い数値(8HZほど)なのですが、子供のように踊ったり

しているのだとか(*^-^*)

無心でやっている方がエネルギー値が高く、世の中エネルギーが高いところに

全て集まってくるので、周りに人が集まる、集客もできるなど、

無心でいられることは、ビジネスでうまくいく為にもとても有利なことなんです!

 

 

たくさん訓練する

「潜在意識に願望を届ける」と決めた場合、多くの人は「毎朝30分」など、
1日のうち決められた時間のみ作業に集中していることと思います。
ですが、願望実現の達人・河本さんは違います。
いつでも自然にイメージしてしまうのだとか。
それも自分のことだけでなく、自分とかかわりのない人・物・場所などについて、
「この犬、成功しそうだな」とか(笑)、「この街は今後発展するな」など想像する
のだとか。
つまり、それだけ日ごろ無意識ながらいろんなことをたくさん想像する訓練している
のです。
なので意識的にでも、たまたま気になったもの・目に入ったものでイメージの訓練
をしてみましょう。

 

 

フロー状態に入る

走っていると疲れますが、ある瞬間からめちゃくちゃ楽しくなってくる現象が

起こります。これを「フロー状態」といいます。

河本さんは本を書いているときなどでもこの状態に入ることがあるそうですが、

楽しいだけでなく、出来上がった本はとても良いものだったり、良い影響を

与えられる作品になるそうです。

 

 

3つのイメージ

イメージの仕方も重要です。
以下の1~3までを1回ずつ(計3回)イメージします。
1.自分から見るイメージ
2.相手の視界から見るイメージ

3.第3者(上)から見るイメージ
「2」のように、必ず「人」を入れることが重要です。
それも、知っている人・大事な人などの方がイメージしやすいです。

 

そもそもイメージできない原因って何?

「なかなかイメージがわいてこない」という方がやはり多いようです。

では、なぜイメージできないのでしょうか?

河本さんがとても分かりやすい例を出してくれました。

 

「今夜の夕飯はイメージできるけど、億万長者になることはイメージできない」

・・・皆さんもそうではありませんか?

全てはこの例の中にあります!

そもそも皆さんイメージ自体ができないのではなく、イメージしやすいジャンルは

それぞれあるのだと思います。

つまり、

イメージ自体はできるが、自分とかけ離れたイメージは

湧いてこないのです!

なぜでしょう?

1.リアリティがない(億万長者の生活は分かっていても、方法が分からない)

2.   そうはなれないと思っている(セルフイメージを上げないとイメージが湧かない)

3.準備していない(そうなるためのことを実行していない)

4.事実を知らない(勝手な既成概念がある)

では、どうしたらこれらの原因を克服できるのでしょうか。

以下で詳しく見ていきましょう。

 

1.リアリティがない

いきなり大きなことを考えてもリアリティを感じないのは当然のことです。

まずはイメージしたいことに関することで、自分にもできそうな

小さなことをやってみましょう。

例えば「億万長者になりたい」と思うなら、億万長者が利用しそうな5つ星の

レストランやホテルを利用してみましょう。

少しでも億万長者の生活を体感してみるのです。

 

2.そうはなれないと思っている

セルフイメージを上げるには・・・

以下の記事、特に「セルフイメージアップ法」を参考にしてみてください。

特にビジネスで成功したい方は、その記事全体読んでみることをオススメします。

 

www.himawari-biyori.com

 

 

3.準備していない

まずは、設計図(シナリオ)をかいてみましょう。

その後、できそうなことからやってみましょう。

できることから動いていると、だんだん道が開けてきて「ムリ」と思っていたことでも

可能になったり、必要なものがそろったりしてくるそうです (河本さん体験済み)。

 

 

4.事実を知らない

見に行ったり会いに行ったりして、是非事実を知りましょう。

お金持ちの人でも、意外な欠点があったりしてそれが自分と同じポイントだったと

したら、「意外と普通の人じゃん」と思えそうだし、「意外と努力なくお金持ちに

なれたんだな」など、「自分もそうなれる!」という自信がわいてきます。

 

※1~4のことは、もちろん「億万長者」以外の願望についても使えます。

 

 

イメージしやすい環境づくり

イメージしやすくなるには、環境も大切な要素です。

1.感動させる状態を作る(例・五つ星ホテルに行ってみる) 

 ※自分から行動して感動する状態を作っていきましょう。

2.感動したらその先をイメージする(例・五つ星ホテルに来て、そして・・・)

3.時間的な余裕を作る

4.五感が喜ぶ環境を用意する

 

 

 まとめ

いかがでしたでしょうか。

「自分とかけ離れたことはイメージが湧きにくい」・・・私はまさしくコレですね

(;^ω^)しかし、解決法はあるので、今回それを知ることができて安心しました。

イメージの方法として、私は自分や一緒に過ごしている人の表情やセリフまでは

イメージできることもあったのですが、「上から見るイメージ」というのが

できていませんでした。 あと、一度で自分の様子も相手の様子もイメージして

しまっていたので、1回ずつ分けた方がいいのだろうな、と思いました。たくさん

イメージするほど叶いそうだし(イメージの質も大事だと思いますが)。

皆さんも、できそうなことがあれば是非やってみてくださいね(*^-^*)