一気に収入UPさせる最強のスキル

今回は「ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)」についてお話していこうと

思います。「そんな言葉、初めて聞いた」いう方も多いのではないでしょうか。

そのDRM、どういうものでどんな効果があるのでしょうか?

では、早速いってみましょう♪

 

ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)とは?

今までは、いい商品・サービスを持っていれば売ることができました。

でも現代ではもう、いい商品・サービスは巷に溢れかえっており、いいものを持ってい

るだけでは売れなくなってきています。

そう、これからはいい商品・サービスを持っていることは当たり前で、

それ自分の力で伝えていくスキルを持っていなければならないのです。

DRMとは、CMのように全ての人を顧客対象とするのではなく、その商品・サービスに

興味のある人を集め購入してもらうよう直接PRしていくことです。

 

 

DRMの手順

では実際、どのような手順でDRMを展開していくのでしょうか。

以下の3つの手順をふんでいきましょう。

1.あなたの商品に興味がありそうな見込み客を集める

2.あなたのこと・あなたのサービスのことを信頼してもらう

3.商品を買ってもらう

 

普通は何らかの広告を見て、すぐにお客様に購入してもらうよう仕向けていきます

(通販のCM見て「すぐにお電話を!」とか、インターネット広告記事見て「お申し

込みはこちらから」ボタン所々にありますよね)。

一方、DRMはまずはメルマガ登録させるなどして、すぐには商品自体を売ろうと

しません。お客様にいい情報を与えたり、プレゼントをあげたり、あなた自身の

人柄をさらし、お客様のあなたに対する「信頼」を育ててから購入してもらうのです。

 

 

信頼を育てるって?

じゃあどのように信頼を育てればいいのでしょうか。

それには、お客様の心理を考え、逆算して戦略を組み立てていく必要があります。

例えば、ダイエットに興味ある人に抽選で「あつまれ どうぶつの森」のソフトを

プレゼントすることにしても、「ダイエットに興味がある以外の人」も集まってきて

しまいますよね(汗)。なので、ダイエット商品・サービスを売りたい場合は

「ダイエットに興味がある人はどんなものをプレゼントすればその人の役に立ち、

喜んでもらえるのか?」を考えなければなりません。

 それから、「ダイエットに興味がある人はどこにいるのかな?」も考えなければ

なりません。その中でも例えば「高齢者」のダイエットに興味ある人など、

ターゲットを絞っていくことで「どこにいるのか」が思いつくこともあります

(高齢者の方だとインターネットよりも、町内や郵便局の掲示板の方が見てもらい

やすいかもです)。

あと、「どんな文章を書けば読んでくれ、引き込まれるのか?」も重要なポイント

です。これを意識してブログやメルマガなど、書いていきましょう。

 

 

 1.あなたの商品に興味がありそうな見込み客を集める

先ほどの「DMR」の手順について具体的にみていきましょう。

まずは「商品に興味がありそうな見込み客を集める」でしたね。

先ほどの「信頼を育てるって?」の項目と内容がかぶるのですが、

1.誰に対して?

2.どこにいる?

3.何を発信すれば引き込まれる?

これら3つを明確にしていきましょう。

そして、「どこに集めるか?」も意識しましょう。

インターネットでビジネスを展開していくのなら、アスメルなどのメルマガ

登録してもらえるよう仕向けていくのがオススメです。

 

次が長くなりそうなので、中途半端ですが今回はここまでにします。

何度も更新してすみませんm(__)m

次回もお楽しみに♪