一気に収入アップさせる最強のスキル その2

前回の記事「一気に収入をアップさせる最強のスキル」の続きです。

具体的には、「ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)」についてのお話です。

今回は「DRMの手順」の「2」の詳細から詳しく見ていきましょう。

 

2.あなたのこと・あなたのサービスのことを信頼してもらう

「1」でメルマガ配信などで見込み客を集めました。

そして今回は、この見込み客を育てていく(信頼してもらう)段階になります。

見込み客が知りたい情報だけでなく、あなたが伝えたい情報も混ぜて伝えていき

ましょう。

ここで大事なことは、

「誘導」「キャラクター」「ビジョン」の3つを、バランスよく見せていきましょう。

動画などで誘導し、あなたのキャラクターを魅せ、この商品を知ってもらうこと・

使用することで「こんな素晴らしい未来が待っています」などのビジョンを見せる

ことで、人は共感し、感動し、あなたやその商品に絶大な信頼を寄せていくのです。

では、次から具体的に「誘導」「キャラクター」「ビジョン」の方法を

みていきましょう。

 

誘導のアイデア

1.商品と出会ったストーリーを使う

(例:アメリカ大手新聞社「ウォールストリートジャーナル」の、「ウォールストリー

トジャーナルを読んで成功した人と、読まずに成功しなかった人」の比較のストーリー)

2.正しい情報を伝え、「必要」×「欲しい」ポジションに移行させる

(「どんな情報を与えれば、彼らをこのポジションに移動させられる?」かを

考え、伝えていく。 「今回のみ」「〇名様限定」など、限定性も効果的)

3.第3者の声や、社会的証明をうまく使って価値を上げる

(例えば、「スタバの社長と共同でセミナー開催した人」と聞くと、一気に怪しさ

吹き飛びますよね)

コツとしては、

「あなたは間違っていません。でもこの商品を使用することで、

もっとうまくいきます」

という伝え方をすることです。

 

f:id:Himawari-biyori07:20200618153539j:plain

キャラクターを磨く

最近は芸能界などでも「一番人らしい人」に人が集まってくる傾向にあります。

なので、あなたの弱み、人柄、感情などを素直に出していくことです。

このような人に対し、人は絶大な信頼を抱きます。

ただ、「自分を認めてもらうため」にキャラを出すのではなく、

「相手に共感し信頼してもらう」為にやるのです。

そして、「尊敬できる」部分もないといけません。

誰もグウタラな人から物を買いたくないですよね?

つまり、自分を高めようと思っている人、肉体・精神・感情・経済的に自己管理が

しっかりできる人など、自分をさらに成長させていく必要があります。

このように、自分を磨くことでビジネスもうまくいくようになるのです。

 

 

ビジョンを持つ

 「なぜあなたがそれをやっているのか?」「どういうきっかけなのか?」を明確にし、

必ず伝えてください。

「親孝行をしたい」「同じような人を救いたい」など。

「立派なキッカケなんてなくて、お金が欲しいから始めたんです」という方、安心して

ください、それでもいいんです(^^)

私も含めて「最初はお金の為だったんです」という人、意外に(?)多いです。

お金を稼いで納税することも立派な社会貢献だし、稼いだお金で家族や大切な人を幸せ

にすることもとても素敵なことだし、自分を笑顔にすることも必要です。

最終的に「稼いだお金で、より多くの人を助けたい」といったきっかけになると理想的ですね。

昔本で読んだのですが、人間自分が満たされると今度は人の為にお金を使いたいと思う

らしいです。なので、今は「自分の為」という方も、心配いらないと個人的には思って

います。

 オリンピック選手や偉人など、人はビジョンやミッションを持っている人を応援したく

なり、尊敬したくなるものなのです。

 

 

3.商品を買ってもらう・・・セールス

最後に、見込み客にセールスをしかけます。

「1」「2」までの工程がしっかりできていれば見込み客が育っているので、「はい、

買ってね♪」ぐらいの一言でも買ってもらうことができます!

特にセールスをしなくても「売って下さい」と言われるレベル(プル型セールス)

目指しましょう。

 

 

プル型セールスのポイント

セールスまでに、見込み客にとって「必要」×「欲しい」ポジションに移行させる

ことです。

 

ここで質問です。

Q. どうしたら満腹の人にリンゴを売ることができるでしょうか?

 

・・・・・・・・・・・・

この場合、お客様は「食べる」意味ではリンゴを必要としなさそうです。

では、「部屋に飾っておくだけで運気がドンドンUPする」としたら?

「とある病気の人がそのリンゴを毎日見ているだけで治る」としたら?

 

それから、「なぜこの商品を買う必要があるのか?」のメリット、

今買わなければ損をする「デメリット」を伝えましょう。

デメリット、意外と効果的です(*^-^*)

「今だけ」「先着〇名様」などの言葉を聞くと、人間「チャンスを逃したくない!」

と思うものです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

「見込み客を育てていく」という概念を持ち、貫いている人ってなかなかいないと

思います。だからこそ、それを実践している河本さんにお客様も生徒さんもどんどん

集まるんだろうな、と感じました。

私はまだその段階まで達していませんが、じっくり見込み客の方に接していくのは

やってみると結構楽しいのかもしれません(*^-^*)

 

読んで下さり、ありがとうございます。